店舗の業務効率を上げるためにPOSシステムを導入しよう

オペレーター

色々な情報が集められる

レジ

経営に役立つことばかり

posシステムとは、販売時点情報管理のことを言います。posシステムと言われてもピンと来ない人は、スーパーなどでみかけるレジを思い出してください。レジのようなposシステムを利用し、企業にとってできることの幅を広げます。例えば、売上の記録ができます。スーパーだと、バーコードで売上を管理していきます。売上が管理されると、在庫数の把握や、発注管理がとても楽になります。また、商品の売上数がわかれば、その店の売れ行き商品がわかります。ターゲットを絞って戦略を打つことができます。posシステムは経営戦略を立てるのにも、活用できます。もうひとつ、経営戦略に繋がる機能の一つとして、顧客情報を登録できるposシステムもあります。これは、リピーターがある企業にとっては、とても重要な情報になります。顧客情報は決して名前だけでなく、何を買った、食べた、使った、など色々な事があります。それらを活用すると、次回リピーターが来たときにおもてなしすることができます。そして、posシステムは経営戦略や顧客管理だけでなく、従業員のことも管理することができます。出退勤の記録ができるposシステムもあります。正確に記録を残すことができるので、給与の支払いの過不足が起こりません。以上のような活用方法があるので、在庫管理や顧客管理が必要であれば、導入することをおすすめします。posシステムは、レジのような固定型だけでなく、タブレットなどで使用できるよう進化してきています。気軽に導入できるようになっています。